世界地図は夜作られる
男のオネショについて、あんな事こんな事(体験談や思い出等)を語り合いましょう。ゲイ表現が含まれていますのでご注意ください。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
同僚の家へ(2)
ぼくの寝ていた布団はオネショでかなり濡れていたし、藤野の布団も小さいとはいえオネショのシミができているので、寝るわけにはいかない。

藤野:直の布団も俺の布団も濡れてて寝られないから、翔太の布団に入って寝よう。

ぼくたちは翔太くんを両側から挟むように横になった。

寝ようと思っていると、急に翔太くんが呻き始めて、苦しそうに顔をゆがめていた。

直:翔太くん、ひょっとしてオシ♂コしたいのかな・・・
藤野:たぶんな・・・
直:起こしたほうがいいのかな?
藤野:せっかく熟睡してるんだから、起こすのはかわいそうだ・・・
直:でも、オネショしちゃうとどうせ目を覚ますんじゃない?
藤野:翔太はオネショしても気づかないでそのまま寝続けてることが多いからね・・・

そのとき、翔太くんのお腹のあたりがぴくっと動いたかと思うと、じゃあという音が翔太くんの布団の中から響いてきた。
藤野が翔太くんの掛布団を股間のあたりまで持ち上げると、翔太くんのパジャマの股間にオシ♂コが勢いよく流れ出てシミを広げていた。翔太くんのオネショは股間を流れ落ちて布団の上にもシミを広げていった。

藤野:翔太は眠りが深いのか、オネショしてもほとんど目を覚まさないから、膀胱が空になるまでオシ♂コを出し切っちゃうんだよね。だから、さっきの直のオネショよりもさらにすごい濡れ方だろう・・・

翔太くんのオネショは布団を盛大に濡らしてから、やっと止まった。翔太くんは満足そうな表情を浮かべてまたそのまま眠り続けた。たぶん夢の中のトイレで、ああ間に合ったと安心してオシ♂コをして、気持ちよさを感じているのだろう。でも現実は巨大オネショで布団をずぶぬれにしたのだけれど・・・

藤野:今朝はちょっと寒いね。
直:濡れたところがすげえ冷たい。
藤野:お風呂入ろう。昨日の残り湯を沸かしなおしするから・・・

すぐにお風呂は沸いたので、ぼくたちはすぐにお湯につかった。

藤野:なんだ、直、すげえ包茎じゃん、亀頭まで完全におおわれてるね、それって真性?
直:ちゃうわい、今は包茎だけど、いざというときにはちゃんと剥ける。
藤野:そうなんだ、まあ、大きさは立派ではある・・・
直:藤野のはそれって見栄剥き?
藤野:ははは、ばれちゃった、さっき剥いておいた。でも普通でも亀頭の頭は少し見えてるけどね・・・
直:おまえ、かわいいわりにチ♂ポの色、赤黒いね。
藤野:;そんなに使い込んでるわけじゃないのに、昔からこんな色なんだよね。
直:見た感じだとすげえやりチンに思える。
藤野:オナニーやりすぎたせいかもしれないね・・・
直:オナニーっていつ頃覚えたんだよ?
藤野:たぶん幼稚園の頃からかな、オネショして目が覚めるじゃん、その時うつぶせになってて濡れた腰をもぞもぞとうごかしてたらすげえ気持ちよくなることをしったんだよね、だからオネショして目が覚めた時は必ずうつぶせオナニーしてたな・・・
直:でも、その頃じゃ、当然射精はしないよね。
藤野:そうだよ、射精し始めたのは中学生になってからだもんね。
直:なんか勃ってきちゃったよ・・・
藤野:直のチ♂ポは勃起してもまだ完全に包皮でおおわれてるね、すげえでっかいのに・・・
直:手で剥けるって・・・

ぼくは右手の指で包皮を挟んで後退させ、亀頭を露出させた。

藤野:それにしても、直の亀頭は包皮で守られてるから、きれいな色してるね。
直:それにけっこう敏感で困るんだよね。
藤野:なんか俺も勃ってきちゃったよ・・・
直:おっ、けっこうすげえ膨張率。それに亀頭冠がすげえ・・・
藤野:なんかやりチンに見えちゃうだろ・・・
直:マジで入れてほしいって思っちゃったよ・・・

藤野は顔に似合わず積極的に行為を始めた。ぼくが藤野のあまりにも激しい変わり身に戸惑っている間に、藤野はぼくの後ろに回り、いきなり指を一本差し込んできた。

直:ふッ藤野、うわっ、やめて!
藤野:その割には俺の指を奥に引き込もうとしてるけど・・・
直:うっ、そこダメ、あっ、嫌だ、ダメだって。
藤野:すげえ直ったら俺の指をきつく締めてくる・・・
直:ひ~、そこ、刺激しないで・・・
藤野:ふ~ん、直はここが感じるんだ・・・
直:うわん、あんまりそこ刺激しないで・・・
藤野:だいぶほぐれてきたみたいだね、指2本いれてあげるね。
直:きゃん、強くしないでね・・・
藤野:強くした刺激したほうがよがるくせに。
直:あっ、ダメだって・・・
藤野:そろそろこっちのほうが欲しそうだね。ひくひくして俺を誘ってるみたいだ。
直:ゆ、ゆっくり入れてね・・・
藤野:かわいい直のために痛くないように入れてあげる。

そう言った藤野は、最初はゆっくりとぼくの中に侵入し始めたが、亀頭が中に入ったあとは、急に侵入してきた。

直:うっ・・・
藤野:直、痛かったらゴメン・・・
直:全部入ればすぐに、良く、なる、から・・・
藤野:うっ、直ったら、俺のモノに吸い付いてくる・・・
直:ぎゃっ、そこ、そこ、いい、いい、いい!

藤野が腰を前後に動かすたびに、ぼくの弱点を刺激していた。藤野の亀頭がぼくを刺激するたびに、ぼくの中の快感が爆発していった。ぼくはとてつもなく強い快感の渦に巻き込まれて、だんだんと気が遠くなっていた・・・

藤野:直、直、だいじょうぶか?
直:ああ、藤野・・・ あれっ、ぼく、どうなちゃったんだよ・・・
藤野:頂点が来たあたりで、直ったら叫んだと思ったら、チ♂ポから潮吹きしながら気をうしなっちゃうんだもん、びっくりしちゃったよ。
直:まだ快感がからだの中に残ってる感じ・・・
藤野:男とのエッチがこんなに気持ちいいとは思わなかったよ・・・
直:ぼくもすごくよかった・・・
藤野:ならよかった。

ぼくたちはバスルームを出て、キッチンに行って朝食をふたりで作った。

藤野:直、好きだよ・・・
直:ぼくも・・・
藤野:直は座っててよ、俺が朝メシ作るからさ・・・
直:じゃあ、そうさせてもらうよ、ていうか、まるで新婚カップルじゃんか・・・
藤野:久しぶりに甘い朝を迎えたよ。

その時キッチンのドアが開いて、翔太君が入ってきた。

藤野:翔太、起きたか?
翔太くん:お父さん、ゴメン、またしくじった・・・
藤野:そうか、じゃあお父さんが後始末しておいてやるから、翔太はシャワーを浴びてきれいにあからだを洗っておいで。汚れたパジャマは洗濯機に入れとけよ。
翔太くん:じゃあ、シャワー浴びてくる・・・

翔太くんはバスルームの方に急ぎ足で消えていった。

藤野:俺、ちょっと翔太のオネショの後始末してくるよ。
直:いっしょに行ってもいい?
藤野:いいけど、けっこう臭いぜ・・・
直:あの臭いには慣れてるからだいじょうぶ。それに翔太くんのオネショ布団見てみたいし・・・
藤野:じゃあ、いっしょにおいで・・・

部屋に入ると、オネショ布団が三枚並んでいた。
藤野の寝ていた布団の世界地図は腰の触れていたあたりだけがいびつな円形に描かれていた。
ぼくのオネショ布団は藤野のよりもかなり大きな世界地図がくっきりと描かれていた。
それから翔太くんの布団は、半分以上が濡れているのではないかと思うようなどでかい世界地や図がでかでかと描かれていた。

直:翔太くん、見事にやっちゃってるね・・・
藤野:翔太はだいたいこれくらいは濡らすね、むしろ今日はオネショの量が少ないくらいだよ・・・
直:ぼくも今朝はけっこう巨大オネショだったけど、翔太くんはすごい・・・
藤野:量も多いけど、大きくなると臭いもけっこうすごいんだよね・・・
直:確かに、オネショの臭いになれてるぼくでもけっこう臭いを感じる・・・
藤野:俺は自分が夜尿症だから、この臭いも平気だし、むしろ好きな臭いなんだけど、嫁はそうじゃないんだよね。翔太がオネショするとすげえ怒るんだよ、物理的な暴力は振るわないけど、言葉の暴力みたいなのがひどくてさ、俺もちょっとそれにはめげてるんだ・・・
直:まあ、オネショは寝てる時のことだから、怒られても、悪化はしても良くはならないと思うよね。
藤野:俺が離婚したら、直、いっしょに住もうか?
直:ば~か、ぼくには亭主がいるよ。
藤野:すげえ年下の旦那さんなんだろう?
直:でも、あっちのほうが主導権握って離さないけどね。
藤野:まあ、直はかわいい性格だからね・・・
直:布団はどこに干すの?
藤野:二回のウッドデッキ。日当たりいいし、周りから見えにくいから・・・
直:三枚もいっしょに干せる?
藤野:ああ、だいじょうぶだ。

翔太くんの布団を持った藤野に続いて、ぼくも自分のオネショ布団を持って階段をのぼっていった。
二階の南側にはそれほど広くなないけれど、日当たりのいいウッドデッキがあり、周りが少し高めのフェンスでおおわれているので、外からは見えにくかった。
そこには布団干しにちょうどいい物干しスタンドが並んでいて、布団が四枚くらいなら干せそうだった。

藤野:ええと、直の布団はこっちに干して。一番日が当たるところに翔太の布団を干すから・・・
直:今日はうす曇りか、乾くかな・・・
藤野:俺のや、直のだったらだいじょうぶだろう、翔太のは濡れすぎてて微妙だけど・・・
直:なんか、藤野、モッコリしてきてない?
藤野:ああ、なんか翔太のすげえ濡れたオネショ布団を見てると、なんか興奮するんだよね。
直:まあ、なかなかないくらい濡れてるもんね、それにめっちゃ臭いし・・・
藤野:今日は翔太がいるからできないけど、俺、翔太の濡れた布団に顔をくっつけてしこることあるもんね、変態だね。
直:まあ、その気持ちはわかる・・・
藤野:直だったら、言っっちゃってもだいじょうぶだと思ってたよ。
直:でも、藤野も秘密の趣味があって、安心した。イケメンなのにやっぱそういう面もあるんだね。
藤野:それは直も同じじゃん、俺、直のこと、すげえイケメンだから最初はとっつきにくいと思ってたから・・・

布団を干し終わって、汚れたシーツやパジャマを洗濯機に入れて、藤野は洗濯を始めた。












テーマ:GAY - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.