世界地図は夜作られる
男のオネショについて、あんな事こんな事(体験談や思い出等)を語り合いましょう。ゲイ表現が含まれていますのでご注意ください。
200802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200804
翼の部屋で・・・
先週の土曜の夜、ぼくは翼の部屋に行った。週末はたいていぼくのうちに翼が来ることになっていたが、先週に引き続き、ぼくのほうが出かけていった。部屋に入ると翼の作った夕食のにおいがしていた。
直:翼、なに作ってくれたの?
翼:直はほんと、お腹減ると色っぽくないよね。
直:マジ腹減ってるんだ。
翼:まずはキスしてくれるとか、普通はそうすると思うけど・・・
直:メシ食ったらた、ちゃんといいことしてあげるから・・・
翼:そうじゃなくて、もっとムードってもんがあるでしょ。新婚みたいなもんなんだし・・・

ぼくは翼が拗ね始めたので、翼を強くハグして、少し長いキスをした。それだけで翼の機嫌もよくなり、そのあと翼手作りの食事をした。

直:翼、これおいしい。どうやって作ったの?
翼:実は昨夜実家に帰って、母親に少し料理教わってきた。
直:そうなんだ、これは翼の実家の味なんだ。
翼:兄さんがさ、母親にオレのこと、少しだけ話してくれたみたいで、なぜオレが料理教わりたがってるのか、母親もそれとなくわかったみたいだね。
直:お母さん、なんか言ってたのか?
翼:こんなこといってた。「相手の方、どういう人か知らないけど、翼あなたは少し意固地なところがあるから、そこは気をつけなさい」だって・・・
直:ふうん、お母さんなりに状況を受け入れようとがんばっているみたいだね。それで、お父さんにはどうなの?
翼:おやじ? だめだめ、あんな頭の固い人に何言ってもだめだよ。オレに男の恋人がいるってわかったら、きっとたたき出されちゃうよ。オレがたたき出されるのは別にいいけど、母さんや兄さんにもいやな思いさせるのは避けたいし・・・ 兄さんも、おやじにだけはなにがなんでも秘密にしといたほうがいいって言ってる。
直:お父さんって厳しいんだ。
翼:厳しいっていうんじゃなくて、変に頑固って言うか、自分の価値観が一番正しいと思ってるから、オレとしてはちょっとやりにくい。兄さんはさいわいおやじの望みどおりに育ったから、二人はうまくいってるけど、オレはおやじ希望にはそえなかったんだ。オレってあの家では一人だけはみ出してるんだ。でも、今は直をめっけて、一緒にいると、やっと自分の居場所が見つかったみたいな感じなんだ。だから、直、オレとずっと一緒にいてくれる?
直:もちろんだよ、なんか、ぼくのほうがプロポーズされちゃったみたいだね。
翼:ほんとオレでいいの?
直:ぼくのほうが、もっとそう言いたいくらいだよ、ぼくでいいのかって?
翼:直、オレが幸せにしてあげるからね。
直:それはこっちのセリフ・・・

ぼくたちは、キスをしながら抱き合って、そのまま最初は静かに、そして少しずつ激しくお互いの股間の高ぶりをこすり合わせた。ぼくはそれだけでイキそうになったので、少しからだを離した。すると翼がぼくの乳首をシャツの上から優しく愛撫したので、その刺激だけでぼくのものは爆発を迎えてしまった。ぼくの爆発を察知した翼がボクサーの上から手で刺激を加えてくれていた。ぼくのモノはボクサーの中で何度も精液を噴出した。ボクサーの中は大量の精液が溢れて、ベタベタになっていた。亀頭とボクサーの生地が擦れる刺激で、ぼくの射精はなかなか止まらなかった。

翼:直、すごい量出したね。パンツがオシッコ漏らしたみたいに、グショグショに濡れてるよ。
直:なんか、今夜はすごく気持ちよかった。ちょっとパンツ濡れて気持ち悪いから、変えてくるよ。それから、ちょっとウォシュレットで後ろの中洗ってくるね。
翼:オレなら、もういいよ。直の気持ちよさそうな射精見ただけで、オレも満足したし・・・ パンツだけ変えてきなよ。もう寝よう。

ぼくがパンツを変えて戻ってくると、翼はまたベッドの横に布団を敷いて、その中で寝ていた。今夜も一緒に寝るつもりらしい。

直:翼といると安心しちゃうのか、甘えてしまうのかわからないけど、たぶんそのせいで先週寝ションベンしちゃったんだよね。
翼:直がオレの前で安心して寝てくれてるのって、なんかオレのこと完全に受け入れてくれたみたいですごくうれしい。それに直の面倒みるのってオレすごく好きだし。
直:でもさ、いくら甘えていいって言っても、自然に寝ションベンする癖ついたら、やっぱヤバイよ。
翼:直はそんなこと気にしなくていいって。
直:翼、なんか優しすぎ。
翼:直にならいくらでも優しくできそう。

つばさはそういったかと思うと、スースーと気持ちよさそうな寝息をたて始めた。まあ、翼がいいっていうのなら、寝ションベン癖がぶりかえしてもいいかと、眠りに引き込まれながらぼくは考えていた・・・

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.