世界地図は夜作られる
男のオネショについて、あんな事こんな事(体験談や思い出等)を語り合いましょう。ゲイ表現が含まれていますのでご注意ください。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
冬の記憶(最終回)
noriさんから「冬の記憶」が送られてきました。今回で残念ですが最終回だそうです・・・

noriさん作「冬の記憶(最終回)」 

ぼくは早朝にカズにいに起こされた。
カズにい:おまえ、まさかもう寝ションベンしてねえだろうな。
紀:してないよ。
カズにい:ホントか?
紀:疑うなら、腰のあたり触ってみなよ。
カズにい:おっ、珍しく布団が濡れてないぞ。
紀:だから寝ションベンなんかしないって・・・
カズにい:とにかく、ションベンしに行こう。
紀:うん、ちょうどしたかったとこなんだ・・・
ぼくたちは縁側を歩いてトイレのほうに行った。トイレの扉を開けるとそこは、いつの間にか外の庭になっていた。
カズにい:あれ、トイレ、どうしたんだ・・・
紀:変だね、どうしちゃったんだろう・・・
カズにい:まあいいや、誰も見てないからここでしよう・・・
紀:いいの、しちゃっても・・・
カズにい:ションベンかければ肥やしになるだろう・・・
そう言うとカズにいはさっさとチ○コを取り出してションベンを始めた。ぼくももう漏れそうだったので、パンツを下げてションベンを始めた。
カズにい:おまえ、皮被りってことは知ってたけど、しょんべんする前に剥かないのか?
紀:べつに剥かなくても大丈夫だって・・・
カズにい:それにしてもションベンが包皮の中に貯まってるじゃん・・・
確かに、剥かないですると、最初出口が密着しているので抵抗があるのか、一度ションベンが皮の中にたまってから、溜まるとこんどは出口を押し開くようにどっと流れ出ていく。それがけっこう気持ちがいいから、ぼくは剥かないでションベンをする。そのときぼくたちの後ろで大きな声がした。
お父さん:こら、おまえら、どこでションベンしてるんだ!
カズにい:やべえ、おやじに見つかった。ノリ、早くションベン止めろ!
紀:そんな、急に無理だよ・・・
カズにい:確かに、俺のションベンも止まらねえ・・・
紀:うわっ、全部出ちゃうよ・・・
ハッと目が覚めると、ぼくは布団の中でションベンを勢い良く垂れていた。ぼくはあわててションベンを止めた。パンツとパジャマは濡れていたが、布団まではまだ染みていなかった。たくさん漏らす前に目が覚めたみたいだった。そのせいでまだぼくの尿意はおさまっていなかった。

どうしようかとモゾモゾと動いていると、コウが目を覚ました。
コウ:どうした、ノリ、またやっちゃったのか?
紀:うん、でも布団までは濡れてない・・・
コウ:そうか、俺はこれからトイレに行くけど、ノリも行こう。
紀:うん、まだいっぱいションベンが残ってる。
コウ:そうか、じゃあ行くか。
ぼくたちは連れ立って縁側をトイレに歩いていった。ドアを開けると今度はそこはちゃんとトイレだった。
紀:さっき、夢のなかでこのドアを開けると、庭に出ちゃったんだよね。
コウ:そんでどうした?
紀:しかたないから庭でションベンしてたら、ここのお父さんに庭でするなって怒られて・・・
コウ:そうなんだ、だから布団濡らす前に目を覚ましたんだ。
紀:カズにいもいっしょに庭でションベンしてたなあ・・・
コウ:カズにいはそんな夢を見たとしても、寝ションベンはしないだろう・・・
紀:そうだ、こう、ちょっといい考えがうかんだ・・・
コウ:いい考えって?
紀:カズにいにオネショさせちゃおうよ。
コウ:どうやって?
紀:ほら、風呂場にある洗面器を持ってきて、それに二人のションベンを溜めて、カズにいの布団の中に流しちゃう・・・
コウ:そんな、やってる時にカズにいが目を覚ましたらどうするんだよ。
紀:それはその時のこと、やろうよ。
コウ:しかたないなあ・・・
ぼくたちは洗面器を持ってきて、その中に二人分の大量のションベンを溜めた。それを静かに和室に持っていって、カズにいがぐっすり寝ているのを確かめてから、ぼくたちは洗面器の中のションベンを腰のあたりを中心にかけていった。カズにいのからだが腰のあたりを中心に濡れていき、布団も広い範囲がグショグショになっていった。とにかく二人分のションベンなので量がハンパではなかった。カズにいは起きる気配もなく、ぼくたちの垂らしたションベンの海の中で気持良さそうに眠っていた。ぼくたちは洗面器をもどしてから、何食わぬ顔で和室に戻り、布団に入ってカズにいがいつ起きるかと待っていた・・・

朝になってあたりがだんだんと明るくなってきたころ、カズにいがものすごい大きな声で「ワッッ!」と叫ぶのが聞こえた。ぼくたちはカズにいがなぜ大きな声をあげたかよくわかっていたので、とりあえずは眠ったふりをしてカズにいのようすをうかがっていた。
カズにい:マジかよ、布団グショグショだぜ・・・ そういやあ、ノリのやつはどうなんだろう・・・
そう言うとカズにいはぼくの布団の中に手を差し入れてきた。ぼくは寝ションベンをし始めたときに目がさめたので、パンツの前のほうが少し濡れていたけれど、布団までは染みていなかった。
カズにい:おっ、ノリのやつやっぱやってやがる・・・ なんだ、ぱんつが濡れてるだけで、布団までは濡らしてないな・・・
そのときぼくはハッと目を覚ましたふりをした。
nori:げっ、パンツが濡れてる・・・ ああでもよかった、布団は濡れてない・・・ あれ、カズにい、どうしたの?
ぼくがそう言うと、カズにいは急いで布団の中にもぐってしまった。
コウ:ああ、ノリ、起きたのか、寝ションベンは?
nori:したけど、パンツをちょっと濡らしただけ・・・
コウ:そうか、じゃあおばさんにパンツの替えだけ借りてくるよ。
そう言うとコウは着替えをしてから、パンツを借りに部屋を出ていった。しばらくするとカズにいのちょっと大きめのパンツを持ってコウは戻ってきた。
コウ:ちょっと大きめだけど、ないよりはマシだろう。着替えたら、おばさんが朝飯食べに来いって・・・ カズにいはどうする?
カズにい:俺はもう少し寝てるよ。
ぼくたちは味噌汁の臭いのする部屋に行った。テーブルの上にはいろんなものが並んでいた。おじさんはもう朝食を食べ始めていた。
おじさん:カズはどうした?
コウ:なんかもう少し寝るって言ってたけど・・・
おじさん:おまえ、起こしてこい。
おばさん:いくつになっても世話が焼けて困る、起こしてくるわ。
そう言うとおばさんはカズにいを起こしに行った。そしてすぐにおばさんは戻ってきた。
おばさん:カズったら、今朝は寝ションベンして、それもびっくりするくらいの大ションベン・・・
おじさん:まったくいくつになったと思ってるんじゃ・・・
おばさん:今日はノリちゃんがお布団濡らさなかったから、いい具合だと思ってたら、カズがかわりに寝ションベンを垂れて・・・
そこにのっそりとカズにいが部屋に入ってきた。
おばさん:カズ、いい年して寝ションベンして、恥ずかしくないの・・・
カズにい:起きたら布団が濡れてたんだよ、なんかおかしいんだよな・・・
おばさん:いい年して恥ずかしい、子供みたいに大ションベン垂れて。
カズにい:垂れたもんはしょうがないだろう。
おばさん:寝ションベンの罰はわかってるだろうね・・・
カズにい:なんだよ、罰って・・・ まさか・・・
おばさん:寝ションベン布団担いで近所を回ってきなさい。
カズにい:おふくろ、それだけはかんべんしてくれよ、ガキじゃねえんだから・・・
おじさん:まあ寝ションベン垂れたカズが悪いが、まあ布団をしょって歩くのはカンベンしてやれ。
おばさん:しかたないわねえ、でも罰として外に干すからね。
けっきょく、外の物干し場にカズにいの寝ションベン布団は干された。物干し場は近所の人が歩く通りから丸見えだった。近所のおじいさんがちょうど物干し場の前を通りかかった。カズの寝ションベン布団を見て言った。
おじいさん:寝ションベン布団とはめずらしいな。はてこの家に子供はいたかのう・・・
おばさん:うちのカズが大きななりして、寝ションベンして・・・
おじいさん:そうか、カズがねえ、なつかしいもの見せてもらったよ。
このあたりにはもうあまり子供がいないので、寝ションベン布団はめずらしいのだろう。それに最近は寝ションベンン布団は堂々と干さないようになっているのかもしれない。
朝食をごちそうになったあと、ぼくたちはまた船で番屋に行った。
コウ:カズにい、寝ションベンしたと思って困ってたね。
nori:これがきっかけになって、カズにい、寝ションベン癖がついたりして・・・
コウ:カズにいはへんにいばってるから、いい気味ではある・・・ ノリは今朝はしなかったね。
nori:したけど、し始めてすぐに目が覚めて、寝ションベンを止められたから、パンツが少し濡れただけだった・・・
コウ:だいぶ、しこった効果がでてきたのかな・・・
nori:かもしれない、でも、どうせするなら全部出さないと、快感がなくてものたりない・・・
コウ:寝ションベン垂れるノリのほうが好きじゃ・・・
nori:そんなことコウに言われたら、いつまでも寝ションベンしちゃうかもね。
コウ:ノリの寝ションベンならゆるす・・・
nori:もう冬休みも終わりだね・・・
コウ:今度は春休みに来ればいい・・・
nori:そうだね・・・
ぼくたちの冬休みは終わった。ぼくはコウに船でバスの出る町まで送ってもらった。ぼくを桟橋におろすと、コウは「じゃあな」とだけ言って、船をすぐに出した。ぼくは桟橋に立ち尽くしてコウの船が遠ざかっていくのを見ていた。

テーマ:GAY - ジャンル:アダルト

冬の記憶(その5)
noriさんが最新作の「冬の記憶(その5)」を送ってくださいましたので、さっそくアップいたします。相変わらずすごいです・・・


noriさん作「冬の記憶(その5)」

そしてぼくたちは何回もの射精に疲れてそのまま眠ってしまっていた。
そして翌朝早く、ぼくは尿意で目をさますことができた。また焚き火の夢を見ていたのだが、今回は実際に焚き火を海水で消したのがよかったのか、寝ションベンをする前に目が覚めたのだった。となりのコウを見ると、なんか苦しそうにうめいていた。どうしたのだろうかと少しコウの方をうかがっていると、突然コウの下腹部からジョジョジョという大きな音が出始めて、パジャマの前のほうがみるみるシミになっていき、そしてだんだんと勢いが良くなってパンツとパジャマの生地を突き抜けてションベンが溢れ始めた。コウの寝ションベンライブを見ることができてぼくはかなり興奮していた。コウの大量の寝ションベンは敷きふとんの上に広範囲に広がっていった。そしてまだ寝ションベンが出続けている時に、コウはワッと叫んで上半身を起こした。
コウ:やべえ、寝ションベンが出てるよ・・・ ああ、止めようとしても止まらない・・・
寝ションベンは相変わらずコウの股間から溢れ続けていた。そしてしばらくするとやっとコウの寝ションベンは止まった。
コウ:チョー、やばい、全部漏らした・・・ ノリはどうなんだろう・・・
そう言ってコウはぼくの股間を手で触った。
コウ:げっ、ノリは寝ションベンしてないよ、今朝は俺だけか、まずいな・・・
がっかりしたような落ち込んだ声でコウが言った。ぼくは眠ったふりを続けているうちに本当に眠ってしまっていた。
そしてぼくは夢の中で、コウのためにわざと寝ションベンをしていた。少しうめき声をあげたあと、思い切って括約筋を緩めた。ぼくのチ○コの先からは、水道の栓をいっぱいにひねったくらいの水量で寝ションベンが流れ出てきた。ぼくは膀胱いっぱいに溜まったションベンをこれでもかというくらい勢い良く漏らし続けた。
そのときぼくはハッと目を覚ました。寝ションベンはほとんど出てしまっていたので、急いで止めても下半身はグショグショになっていた。そのときコウの声が聞こえた。
コウ:それにしてもノリの寝ションベンは豪快だな・・・
ぼくの腰のあたりは寝ションベンで水浸しになって冷たくなり始めていた。
紀:ひええ、やっちゃたよ、しかもいつもよりすげえ濡れてる・・・
コウ:ノリも寝ションベンしたか・・・
紀:ノリもってことは、コウもやっちゃったとか・・・
コウ:俺も今朝は見事に寝ションベン垂れた・・・
布団を見ると、ふたりの大量の寝ションベンで布団は乾いたところがないくらいグショグショに濡れてしまっていた。
コウ:それにしても見事にやってしまったな、この布団どうしよう、お母さんになんて言われるか・・・
紀:それなら、ぼくだけがしたってことにすれば?
コウ:俺のパジャマもグショグショだから、そんなウソすぐバレる・・・
紀:ぼくの寝ションベンが多すぎてコウの方まで濡らしたってことにしたらいいよ。
コウ:そんなノリだけに押し付けられないよ・・・
寝ションベン布団に並んで横になってそんな事をしゃべっていると、祖父が離れに入ってきた。
祖父:ほら、ふたりとも起きろ。そういえばまた寝ションベンくさいな。ノリ、またやったか。
ノリ:ごめんなさい、やっちゃいました・・・
祖父:それにしてすごい濡れ方だな・・・
コウ:祖父ちゃん、実は俺も今朝は寝ションベン垂れた・・・
祖父:コウも垂れたのか、仲のいいことだ。ほらふたりとも朝風呂に入るぞ、からだを洗え。
風呂場に入ってまずは洗い場で寝ションベンを流してから、湯船に入った。
祖父:コウまで寝ションベンするとはめずらしいな・・・
コウ:なんかやっぱ2日続けて番小屋で焚き火したのが悪かったかな・・・
祖父:火をいたずらにもてあそぶとバチがあたって寝ションベンしてしまうからな・・・
コウ:うん、きっと火遊びしたバチがあたったのかもしれない。
紀:夢のなかに火が出てきたんだ・・・
コウ:夢の中で、番小屋で焚き火してて、面白くて薪をたくさん入れたら、すげえ燃え上がっちゃって、それを急いで消そうとして、ションベンをかけたら、布団の中でションベン漏らしてた・・・
祖父:まあ、コウも寝ションベン垂れたくらいでくよくよするな。
母屋を出ると、物干し場にはまたふたりの寝ションベンでグショグショになった布団が太陽の光で輝いていた。
コウ:それにしても寝ションベンを垂れてるときはすげえ気持よかったな、なんかチ○コがとろけそうなくらい・・・ でもその後布団が濡れたのに気づいて目が覚めたときは地獄だよね・・・ でも今朝はノリも寝ションベンしててよかったよ、俺一人だったらどうしようかと思った・・・
紀:コウの寝ションベンはすごかったね・・・
コウ:やっぱ焚き火のせいじゃないかな・・・
紀:なんか勃ってきちゃった・・・
コウ:俺もじゃ・・・
ぼくたちは離れで立ったままお互いのものをこすりあった。そしてそのまままたパンツの中に射精してしまっていた。
そして昼頃になると少し暖かくなってきたので、ぼくたちは船で番屋に行った。外は風が冷たいので和室に入るとすることもないので、自然にぼくたちはおた互いのものをこすりあい始めた。
コウ:ノリ、なめてやるからパンツ脱げよ。
紀:じゃあぼくもコウのをなめる。
ぼくたちはすぐに69の体勢になってお互いのモノを舐め始めた。ぴちゃぴちゃという音だけが部屋の中に響いていた。二人とも舐めることにかなり慣れてきたので、焦らしあいながら長い時間をかけて快感を貪った。そしてほぼ同時にお互いの口の中に激しく発射したのだった。
コウ:ノリ、舐めるのうまくなったな・・・
紀:コウにしてもらるすげえ気持ちいい・・・
自然にぼくたちは唇を寄せてキスを始めていた。すこし精液の臭いのするキスだった。
そのまま抱きあって昼寝をしていると、カズにいがやってきた。
カズにい:お前ら、なに抱き合って寝てるんだよ。
コウ:ああ、カズにい、どうしたの?
カズにい:お前ら、今日晩メシ食いにこいよ、おふくろがお前らに食わせたいもんがあるってさ。
コウ:ノリ、どうする?
紀:晩ご飯食べるだけなら・・・
カズにい:なにい、ノリ、うちに泊まれないってことは、お前寝ションベンが心配なのか?
紀:毎日してるわけじゃないよ・・・
カズにい:高校生にもなって寝ションベンが心配でよその家に泊まれないなんて、信じられないよな・・・
紀:寒いときはすこし回数が多くなるんだよ・・・
カズにい:まあとりあえず晩メシだけでも食いに来いよ。
強引にカズにいに誘われて、ぼくたちはカズにいの船に乗って行った。家ではすでに夕食準備ができていて、たくさんの料理が並べられていた。カズにいのお母さんが笑顔で迎えてくれた。
お母さん:遠慮しないでこっちに入ってちょうだい。
カズにい:おお、二人ともこっちに座れよ。
コウ:すみません、押しかけてきて・・・
お母さん:いいのよ、カズがコウちゃんたちを呼びたいから、何か用意しろってうるさいのよ。
カズにい:余計なこと言ってないで、メシを出してよ。
お母さん:はいはい、今やりますよ。コウちゃんもノリちゃんもたくさん食べていってね。
そこにカズにいのお父さんも入ってきた。
お父さん:おお、今夜は豪華だな、とりあえずビールでも飲むか。
ビールが出てきて、ぼくたちもすこしくらいならいいだろうとグラスについでくれた。そして準備が全て整うと、お母さんも食卓に座って、夕食が始まった。お母さんに尋ねられるまま、ぼくとコウはいろんなことを話していた。そして風呂に入った後、ぼくたちは客間に三枚の布団が敷かれていて、そこに川の字に横になった。
カズにい:お前ら、番屋でまたシコりあってただろう。
コウ:ええっ、なんでわかったの?
カズにい:あれの臭いが残ってたからな・・・
コウ:そうなんだ・・・
カズにい:なにやったんだ?
コウ:ちょっと舐めあって・・・
カズにい:気持よかったか?
コウ:口は気持ちがいい・・・
カズにい:お前ら、俺のを舐めろ。
そう言うとカズにいは布団の上に仰向けになって、パジャマのズボンをパンツといっしょにおろした。カズにいの大きなモノは見事に勃ち上がっていた。ぼくたちは催眠術にかかったみたいに、カズにいのモノに吸い寄せられるように顔を近づけた。ぼくたちは交代しながらカズにいのモノを口に含んで刺激した。カズにいの先からはしょっぱいガマン汁が絶え間なく流れだしてきていた。そしてしばらくして、カズにいはコウがくわえている時に、とうとう最後を迎えたのだった。カズにいはうめき声を上げて、押し寄せるものすごい快感に耐えているようだった。コウが口を話しても、カズにいのものはまだヒクヒクと震えていた。ぼくはそれを口に含んで、軽く舌で刺激した。射精で過敏になっていたカズにいはからだをくねらせるようにして感じていた。
カズにい:良かったよ、俺はこのまま寝るぞ、お前らはそっちで適当に楽しんでいいぞ。
そう言うとカズにいは一番端の布団の中にもぐってしまっていた。ぼくたちは反対側の端の布団に一緒に入った。
コウ:カズにいの大きなモノを加えたら、感じてしもうた・・・
紀:もう出ちゃったとか?
コウ:それはまだじゃ・・・
紀:ぼくもけっこう勃ってる・・・
コウ:おお、先っぽがもうグショグショになってる・・・
紀:コウだって・・・
ぼくたちはお互いのパンツの中に手を差し入れてこすりあった。カズにいのモノを舐めながら二人ともかなり興奮していたので、まもなく二人とも小さく叫びながら最後を迎えた。ぼくたちはパンツの中にそのまま出してしまっていた。
コウ:困ったな、パンツの替えがない。
紀:べつにこのくらいたいしたことないよ。
コウ:そうか、じゃあ、我慢して寝ようか。
紀:うん、眠い。
ぼくたちはそのまま抱きあって眠ってしまっていた。


noriさんからの伝言冬の記憶」も五回目となりまして、だんだんと新鮮さが薄れてきています。皆さんの感想はいかがでしょうか? もしもご要望がありましたら、もう少しだけ続けようかと思っています。

テーマ:GAY - ジャンル:アダルト

冬の記憶(その4)
noriさんから小説「冬の記憶」の第4回が送られてきましたので、アップいたします。noriさん、いつもありがとうございます。


noriさん作「冬の記憶(その4)」 

離れに戻るために母屋を出て物干の前を通ると、ぼくが寝ていた寝ションベンで濡れた布団が干されていた。
紀:なんかおばさん、寝ションベンのことちょっと変に思ってるみたいだったね。
コウ:女の親はあんなもん、変に心配してるだけじゃ・・・
紀:そうかな・・・
コウ:この家じゃ、祖父ちゃんの言うことがいちばん尊重されるから、祖父ちゃんはノリの寝ションベンのことぜんぜん気にしてないから、問題はない。むしろ祖父ちゃんは寝ションベンするノリをかわいく思ってるよ。
紀:オムツしたほうがいいのかなあ・・・
コウ:オムツすると安心して余計寝ションベンがひどくなるんじゃないかな。それよりシコったほうが効くだろう・・・ ノリ、もう勃ってるね。
紀:コウがシコるなんて言うからだよ。
ぼくたちは壁に並んでもたれて座って、お互いのものをパンツ越しにこすった。パンツを脱ぐつもりだったのが、いつのまにか行為に熱中してしまい、ふたりともそのままパンツの中に発射してしまっていた。
紀:パンツの中に出しちゃったね・・・
コウ:パンツがベトベトじゃ・・・
紀:どうしよう・・・
コウ:ノリ、パンツ脱げよ、これから俺がこっそりパンツを洗濯機の中の洗濯物の下に入れてくるから・・・
ぼくたちは慌ててパンツを脱いだ。精液でベトベトになった二枚のパンツを丸めて持って、コウは洗濯機に入れに行った。
パンツを穿きかえたあと、ぼくたちは午前中は離れで勉強をした。そして昼食を食べたあと、天気が良かったのでぼくたちはまた船に乗って番小屋に行った。船に乗っていると、海風がけっこう寒く、番小屋に着いた時はからだが冷えてしまっていた。
コウ:寒いな、またここで焚き火をしよう・・・
紀:いいけど、また寝ションベンしそう・・・
コウ:昨日は火をションベンで消したからいけなかったんだろう、だから今日は水を汲んでかければ問題ない。
紀:あっ、そうだね。
ぼくたちはまた焚き火をしてからだを暖めた。焚き火が少し燃え尽きかけてきたのでそのままにして、ぼくたちは和室に入った。
紀:なんかからだが暖かくなったら、勃起しちゃった・・・
コウ:ノリ、チ○コ舐めてやろうか・・・
紀:うん・・・
ぼくたちは穿いているものを脱いで、畳の上に頭と足をお互い逆向きにして向かい合って横になった。ぼくの目の前にはコウの半向けのチ○コが揺れていた。コウがぼくのチ○コを口に入れたので、ぼくもコウのものを口に含んだ。ちょっと塩辛い味がした。ふたりがお互いのものをなめるピチャピチャという音がずっと続いた。そしてぼくのほうが先に出してしまっていた。コウは口にの中に発射されたぼくの精液を全部飲んでしまった。そして今度はぼくの口の中でコウのものが跳ねるように爆発した。大量の精液がぼくの口に流れ込んできたので、ぼくは自然にそれを飲み込んでしまっていた。そして射精直後は少し柔らかくなり始めたふたりのものが、まただんだんとお互いの口の中で固くなっていった。ぼくたちは射精で敏感になったお互いのものをまた下で柔らかく刺激し始めた。少し前に射精したばかりなのに、ふたりともまたお互いのものをしゃぶるのに熱中し始めていた。ふたりとも勃起はしているものの、少し前に射精したばかりなので、ゆっくりとお互いのものを味わうようにゆっくりと舐めあって板。そして緩やかに最後に向かって行為を続けていた。そしてかなりしゃぶりあってから、今度はコウのほうが先に最後をむかえた。続けての射精にもかかわらず、コウのものは激しく暴れるように震えて大量の精液を放出した。そしてぼくもコウの射精し続けるチ○コに興奮して、すぐにコウの口の中に発射していた。さすがに三回続けてというわけにもいかないので、ぼくたちはお互いのものを口から離した。
コウ:腰が抜けるかと思った・・・
紀:気持良すぎてチ♂コがまだむずむずしてる・・・
コウ:ノリは口でするのがうまくなったな・・・
紀:コウも気持ちよくしてくれたね・・・
コウ:少し日が傾いてきたから、寒くなる前に帰ろう。
ぼくたちは熾火になっていた焚き火の後に海水を充分にかけてから、船に乗って帰った。そして母屋にただいまと言ってから離れに入った。
そして暗黙の了解でぼくたちはまたすぐに相互オナニーをして射精をした。
6時頃、夕食前に風呂に入ろうと、祖父が離れに言いに来た。ぼくたちは少し遅れて風呂場に行った。
コウ:祖父ちゃん、入るぞ。
祖父:おう、コウか、ノリも入って来い。
風呂場では祖父が湯船に入っていた。ぼくたちは洗い場でからだを洗ってから湯船に入った。
祖父:よくからだを暖めるんだぞ。
コウ:うん・・・
祖父:ノリはうんと暖めるんだぞ、からだが冷えると寝ションベンしやすいからな。
紀:お祖父ちゃんって寝ションベンしたことあるの?
祖父:祖父ちゃんだって子供の頃はすごい寝ションベン垂れてたぞ。
コウ:そうなんだ・・・
祖父:ノリの寝ションベンもそのうちなおるさ。
紀:そうかな・・・
祖父:ほら、ノリ、ちょっと立ち上がってマラを見せてみろ。
紀:ええっ、ハズいなあ・・・
祖父:男だったら誰でもついてるだろうが・・・
仕方なくぼくは湯船の中で立ち上がって。祖父はぼくのチ♂コを手で触って調べていた。
祖父:だいぶ先っぽがめくれてきてるじゃないか、これなら寝ションベンももう治るかもしれんな。
紀:そうなんだ・・・
祖父:コウのはもうだいぶめくれてるから、寝ションベンはせんだろう。
コウ:夏休みに一回してしまったけどね・・・
祖父:だんだんと治っていくもんだ、まあノリも焦らないで気長に治していけばいい。
紀:うん、そうする・・・
祖父:じゃあ祖父ちゃんは先に出るぞ、お前らはゆっくり暖まって出てこい。
そして祖父は風呂場から出ていった。
コウ:やべえ、ノリの寝ションベンのはなしをしてたら、勃ってきた・・・
紀:ぼくもんだよ・・・
コウ:ふたりともスケベじゃ・・・
ぼくたちは湯船の縁に座ってお互いのものを手で刺激した。しばらくするとふたりとも洗い場に激しく精を放っていた。
そしてみんなで夕食をとったあと、ぼくとコウは離れに戻った。すでに布団が敷かれていた。ぼくたちは片側の布団に一緒に入った。
コウ:これはノリが寝ションベンした布団だね。
紀:寝ションベン臭い?
コウ:寝ションベンの臭いはするけど、ノリの寝ションベンの臭いならどっちかというと興奮する。
紀:コウ、また勃ててるじゃん。
コウ:ノリも同じじゃろうが・・・
ぼくたちは向きあって横になって、二本の勃起したチ○コを重ねて、擦り合わせた。
紀:これいい、すげえ感じる・・・
コウ:俺もだ、ノリのチ○コ、すげえ熱くなってる・・・
ぼくたちは布団の中で二本のものを激しく擦り合わせた。そして珍しく二人同時に最後を迎えた。ぼくたちはお互いの下腹部に激しく白い粘液を飛ばした。

テーマ:GAY - ジャンル:アダルト

冬の記憶(その3)
noriさん作「冬の記憶(その3)」 

朝早くぼくはなんか寒気がして目が覚めた。寝る時にかけていたはずの布団がなくなっていて、ぼくとコウは薄い毛布一枚をかけているだけだった。ぼくは寒いのでコウにからだをくっつけたけれど、布団なしでは寒くてしょうがなかった。そのうちコウも目を覚ました。
コウ:なんか寒いな、あれっ布団がない・・・
紀:どうしちゃったんだろうね、寒いね。
コウ:寒いから焚き火でもするか。
紀:それいいね、やろうやろう。
ぼくたちは火を起こして、焚き火を始めた。
紀:暖かいね。
コウ:薪はいくらでもあるぞ。
紀:じゃあどんどん入れるね。
寒かったのでぼくは薪をつぎつぎに焚き火の中に投げ込んでいった。そうしていると、いきなり焚き火が大きく燃え上がった。
コウ:ちょっと入れすぎじゃ、火が大きくなりすぎた・・・
紀:こんなに燃え上がるとは思わなかった・・・
コウ:ちょっとマズイな、早く消さなきゃ・・・
紀:水ないよ。
コウ:ションベンで消せばいい。
紀:それがいいね、ちょうどションベンがすげえ溜まってるし・・・
コウ:俺もだ、じゃあノリ、かけるぞ。
紀:まさかこれ、夢じゃないよね・・・
コウ:そんなことより、早くかけて消さないとマズイ、ほらノリ早く!
ますます火は燃えさかっていた。ぼくは急いでジッパーを開けてチ○コを取り出した。でもなんか変な感じだった。
紀:なんか変な感じ・・・
コウ:早くションベンしろよ、火を消さないと・・・
なんか違和感を感じながらも、ションベンが溜まって膀胱が痛いくらいだったので、ぼくはションベンを出そうと下腹部に力を入れた。
紀:あれ、ションベンが出てこない、やっぱこれは夢かもしれない・・・
コウ:大丈夫だから早くションベンしろよ。
そう言われてぼくはまたションベンを出そうとした。しばらくりきんでいると、やっとションベンがじゃあじゃあと勢い良く出始めた。
コウ:おお、やっとションベン出たか、火の中心部にかけて・・・
紀:うわあ、ションベンがかかると焚き火がジュウジュウと音をたてる・・・
コウ:ほらもっと勢い良くションベン出して・・・
そのとき、ぼくはハッと目が覚めた。布団の中でぼくはションベンを勢い良く漏らしている最中だった。流れだすションベンが尿道を強く刺激してチ○コのあたりがしびれるように気持ちよかった。ぼくはションベンが出てるけどどうしようと思ったが、あまりの快感にそのまま膀胱の中のションベンを全部漏らしてしまっていた。
グショグショの布団がだんだんと冷たくなってきて、眠ることもできず、そのままぼくはじっと時間が経つのを待っていた。そのうちとなりでコウが寝返りをしたと思ったら、目を覚ましたみたいだった。
コウ:ふわああ、あっ、ノリ、目覚ましてたんだ。
紀:だいぶ前から起きてた・・・
コウ:どうした、目が少し充血してるぞ・・・
紀:うん、目の方はなんともないんだけど・・・
コウ:ならいいけどさ・・・
紀:なんか冷たくて目が覚めたんだ・・・
コウ:布団が少なかった?
紀:それは大丈夫だった・・・
コウ:と言うことは、ノリ、またやっちゃったとか・・・
紀:うん、ちょっと触ってごらんよ・・・
掛けふとんの下にコウは手を入れてぼくの腰のあたりを触った。
紀:ということ・・・
コウ:ノリ、こんなグショグショでよく我慢してたな、ほら、すぐ起きなよ。
紀:すげえ布団濡らしちゃった・・・
コウ:ほら、ちょっと風呂に行こう、たぶん祖父ちゃんが朝風呂に入ってるから、そこで暖まろう。
紀:ハッ、ハッ、ハックション・・・
コウ:ほら、風呂まで走っていくぞ。
ぼくたちは離から出て向かいの風呂場に走った。中に入るとお祖父ちゃんが鼻歌を歌いながら風呂に入っていた。
コウ:祖父ちゃん、俺たちも入るぞ。
祖父:おう、コウとノリか、入れ入れ、朝風呂は気持ちいいぞ。
コウ:ほら、ノリ、下半身をまず洗ってから・・・
紀:うん、わかってるよ・・・
祖父:どうした、ノリはまた寝ションベンやらかしたか・・・
紀:なんか変な夢見たら、漏らしちゃった・・・
コウ:まさか昨日の焚き火のせいか?
紀:うん、なんか夢の中でションベンで火を消してたら、寝ションベンしてた。
祖父:お前ら火遊びをしたのか、それならノリが寝ションベンするのもしかたないな。
コウ:やっぱり火遊びすると寝ションベンするってほんとうだったんだ・・・
祖父:コウはしなかったのか?
コウ:俺は大丈夫だった・・・
祖父:それだと明日はコウが寝ションベンする番か、ハハハ。
コウ:そうか・・・
祖父:まあそうと決まったわけじゃない、とにかくゆっくりからだを暖めろよ、暖まらないうちに出ると、また寝ションベンするぞ、ハハハ。
紀:高校生にもなって寝ションベンするのって、変?
祖父:そのうち治るじゃろう、寝ションベンくらい気にするな。
その後祖父は先に出ていった。風呂にはコウとふたりが残った。
紀:なんか暖まると勃ってきちゃた・・・
コウ:ノリは好きモノじゃ・・・
紀:コウだって勃ってきてるじゃないか・・・
コウ:あんまり長風呂すると変に思われるから、後でやってやるよ。
ぼくたちはゆっくりとからだを暖めてから、風呂を出た。離れに戻ると、離れの横の物干し竿にグショグショの寝ションベン布団が干されていた。お祖父ちゃんからぼくの寝ションベンがもう他の家族に伝わっていたみたいだった。
朝食に行こうとして、母屋の勝手口へ行くと、出かけようとしているおじさんがおばさんと勝手口のすぐ中で話しているのが聞こえてきた。
おばさん:ノリちゃん、またオネショしたみたいよ、高校生にもなって・・・
おじさん:そうなのか、それは困ったな・・・
おばさん:高校生にもなってオネショするなんて、なんか育て方に悪いところでもあったんじゃないのかしら・・・
おじさん:しかしそうだとしても、俺たちから言うわけにはいかないだろう・・・
おばさん:そうだけど、この前の夏休みもほとんど毎晩オネショしたのよ・・・
おじさん:まあ弟がノリを甘やかし過ぎたのかもしれないな・・・
おばさん:でもコウとノリちゃん、いっしょにしてて大丈夫かしら・・・
おじさん:あんなに仲がいいのに、問題ないだろう・・・
おばさん:ノリちゃんがオネショしてもだれも怒らないのが問題じゃないのかしら・・・
おじさん:まあ寝ションベンくらいで、あんまり騒ぐな・・・
おばさん:あら、あなた早く出かけないと・・・
おじさん:おお、もうこんな時間か、じゃあ行ってくる。ノリの寝ションベンの件は、お前は何も言うなよ。
おばさん:はい、わかりました。
その後すぐにおじさんが勝手口を出てきたので、ぼくたちはとっさに家の影に隠れた。そしておじさんが行ったあと母屋に入った。おばは直接はぼくの寝ションベンのことは何も言わなかった。ぼくたちは朝食を食べると、また離れに戻った。

テーマ:GAY - ジャンル:アダルト

冬の記憶(その2)
noriさんから「冬の記憶(その2)」が送られてきましたので、さっそくアップいたします。今回は前回以上にすごいことになっているようです・・・


冬の記憶(その2)noriさん作

早朝、ぼくたちは布団の中で向き合って、相互オナニーを始めた。それにしてもコウの手で刺激してもらうとなぜこんなに気持ちいいのだろうか。ぼくたちはだんだんと息が荒くなっていくのを感じながら、快感が高まっていくのがものすごい気持ちよかった。こんどは先にコウのほうが爆発した。それを見てぼくもすぐに激しく射精し始めた。ぼくは下半身がしびれるような激しい快感に見をよじった。布団の中がふたりの精液の臭いでむせかえるようだった。
紀:すげえ良かった、体の中のものが全部出ちゃったって感じ・・・
コウ:ノリは寝ションベンもしてるからな・・・
紀:すげえベトベトになったね。
コウ:拭いてやるから・・・
用意してあったタオルでコウはふたりの出した大量の精液を拭いてくれた。
コウ:ほら、これできれいになっただろう。
紀:うん、ありがとう・・・
コウ:まだ早いからもうすこし寝よう。
紀:なんかまだ眠いし・・・
ぼくたちはひとつの布団の中で抱き合って寝た。
しばらく寝ていると、祖父がぼくたちを起こしに離れに入ってきた。
祖父:ほら、ふたりとも起きろ。
コウ:ああ、お祖父ちゃん、おはよう・・・
祖父:いっしょに寝てたのか?
コウ:ああ、ちょっとね・・・
祖父:なんだ、こっちの布団は見事な世界地図が書かれてあるじゃないか、ノリはまた寝ションベンしたのか・・・
紀:お祖父ちゃん、布団濡らしてゴメン・・・
祖父:寝ションベンくらい、気にするな、気にすると余計するぞ。
紀:うん・・・
祖父:コウ、シャワーでノリを洗ってやれ。
コウ:うん、そうする・・・
ぼくたちは昨夜の残り湯を温めて一緒に入った。
紀:暖かくなると、勃起してきた・・・
コウ:ノリは元気だな。
紀:コウは?
コウ:俺も勃ってきた。
ぼくたちは風呂の中でその朝二回目の相互オナニーを始めた。そしてすぐにふたりともお湯の中で激しく射精した。
紀:うわ、白いモノがふわふわいっぱい浮いてる・・・
コウ:これはマズイ、お湯を抜こう。
風呂桶の栓を抜いて、白く汚れたお湯を流した。
そしてぼくたちは二人だけで朝食を食べた。他の人達は仕事があったりして、先に食べて出かけてしまっていたのだ。
離れに戻るために母屋を出ると、物干場にぼくの寝ションベン布団が干されていた。
コウ:寝ションベン布団が干されてあるのを見ると、ノリが来てるんだなあって思う・・・
紀:夜まで乾くかなあ・・・
コウ:今日はよく晴れてるから、これだけ濡れてても乾くだろう・・・
紀:なんかここにくると、寝ションベンしちゃうんだよね・・・
コウ:ノリは寝ションベンするほうがかわいい・・・
紀:そうかな・・・
コウ:俺は寝ションベンするノリの方が好きじゃ・・・
紀:・・・
その後しばらく離れで勉強をして、昼前になってだいぶ気温が上がってきたので、ぼくたちは祖母から弁当を受け取り、船で番小屋に行った。番小屋の部屋は太陽がいっぱいにあたって、暖かくなっていた。ぼくたちは部屋に入って、壁にもたれて並んで座った。
紀:なんか、またやりたくなちゃったな・・・
コウ:ノリは淫乱だな・・・
紀:なんだ、コウだって勃起し始めてるじゃん。
コウ:パンツ汚すといけないから、脱ごう・・・
ぼくたちはパンツを脱いで、下半身裸になった。
コウ:夏よりも毛が増えたな・・・
紀:それにだいぶ手でやると剥けるようになってきた・・・
コウ:ノリはもう先っぽがベトベトになってるじゃないか・・・
紀:何回だしても、すぐにやりたくなっちゃうんだよね・・・
ぼくたちはお互いのチ○コを握ってこすり始めた。その日三回目の相互オナニーということもあって、さすがにふたりともすぐにイキそうになることはなかった。それでもだんだんと快感に包まれていった。
紀:コウ、もう出る、ああ、イク、イク・・・
コウ:俺もだ、イキそう・・・
ふたりとも量は少なくなっていたが、それでも精液はかなり遠くまで飛んでいった。
紀:何回してもすげえ感じる・・・
コウ:三回目だけど気持ちよかったな・・・
その後後始末をしたあと、ぼくたちは持ってきた弁当を食べ始めた。弁当を食べ終えると、ふたりとも眠くなってきたので、布団をひとつ敷いて、その中に抱きあって入った。そしてお互いのからだのぬくもりを感じながら、気持ちよく昼寝をしたのだった。
昼寝から目を覚ますと、またぼくのチ○コは勃起していた。コウのほうに手を伸ばして触ってみると、やはりコウも勃起させていた。ぼくは自分のチ○コをこすりながら、もう一方の手でコウの硬くなったものをこすっていった。しばらくするとコウが目を覚ました。
コウ:なんだ、ノリ、またやりたくなったのか?
紀:コウだって勃起してるじゃんか・・・
コウ:もう手でシコるのは飽きた、口でしないか?
紀:いいよ、ぼくもしたかったし・・・
ぼくたちは体勢を入れ替えて、お互いのチ♂コをくわえあった。ぼくのチ○コはコウの口の中で舌でしげきされて、さらに強く勃起していた。コウのチ○コもぼくの口をいっぱいにするほど大きくなっていた。ぼくたちは快感を求めて必死でお互いのチ○コを口で刺激しあった。手でするよりもさらに強い快感がからだを満たしていた。そしてほぼ同時にふたりはお互いの口の中に激しく射精していた。
紀:やっぱ、口ですると気持ちがいいね・・・
コウ:ノリ、だいぶうまくなってきたな、気持よかったよ。
紀:なんかちょっと寒くなってきたね。
コウ:日が傾いてきたからな、火をたくか。
そう言うとコウは外に出て、焚き火をしたあとのようなところに中に丸めた新聞紙を入れてその上に小さくした木を置いて火を付けた。そして燃え上がると、こんどは薪をそこにすこしずつ入れていった。
コウ:ノリも薪をいれてみろよ。
紀:うわあ、よく燃えるね。
コウ:寒くなると、これがいちばんいい。
紀:おお、よく燃えると、顔が熱いくらいだ・・・
コウ:焚き火は楽しいだろう・・・
紀:すげえなんか炎を見てると、引きこまれそう・・・
コウ:しばらく温まって、それから帰ろう。
紀:もうすこし薪を入れていい?
コウ:あんまり火を大きくするなよ。
紀:少しくらい大きくなってもだいじょうぶだよ・・・
コウ:ノリは火が好きなんだな・・・
そのあとふたりとも無言で焚き火が燃え上がるのを眺めていた。火がコウの顔を赤く照らしていた。
コウ:そろそろ火を消して、家に帰ろう。
紀:どうやって消すの?
コウ:ふつうは自然に消えるんだけど、今日は火が強いから、水をかけて消さなきゃならない。
紀:そこの海水汲んでくるの?
コウ:そうだよ。
紀:汲むのめんどくさいから、そのかわりにションベンかけて消したらいいんじゃない?
コウ:それでもいいけど、そんなことしたら寝ションベンするぞ。
紀:火にションベンかけなくてもどうせやっちゃいそうだから、同じだって・・・
コウ:まあそうだな、じゃあふたりでションベンかけよう。
ぼくたちはチ○コを取り出して、焚き火にションベンをかけた。ジュージューと音を立てて焚き火はションベンですこしずつ消えていった。
コウ:完全に消えるまで、ションベン続けて・・・
紀:もう、全部出した・・・
コウ:まあここまで消えればいいだろう・・・
ぼくたちはまた船に乗って家に帰った。家に戻ると夕食前にぼくたちは風呂に入ることになった。風呂でぼくたちはまたこすり合ってその日5回目の射精をした。
みんなで夕食を食べたあと、しばらくテレビを見てから、ぼくたちは離れに戻った。
紀:なんかまたやりたくなってきた・・・
コウ:俺たち、今日はセンズリ中毒だな・・・
ぼくたちは部屋で立ったまま、下半身裸になって、お互いの勃起したモノを重ねあわせて、手でこすっていった。コウのチ○コは熱いくらいだった。ぼくたちは腰を動かしながら、重ねあわせた二本の勃起したチ○コを激しくこすった。そしてしばらくすると、ぼくたちは6回目の射精をしたのだった。
コウ:さすがに量が少なくなってきたな・・・
紀:でも、気持よかったね・・・
コウ:ノリは好きモノだな・・・
紀:コウだって・・・
そして夜遅くなってから、布団を敷いて、その中でぼくたちはシコりあってその日なんと7回目の射精をしたのだった。さすがにふたりとも疲れてしまい、すぐに深い眠りに引きこまれていった・・・

テーマ:GAY - ジャンル:アダルト

冬の記憶(その1)
noriさんから、「夏の思い出」の続編の小説が送られてきました。これもnoriさんの思い出をもとにして書かれたものだそうです。


冬の記憶(その1)noriさん作

夏休みの一ヶ月を海辺の祖父母の家で過ごしたあと、ぼくは家に帰り、家と学校を往復するつまらない毎日を送っていた。夜になってベッドに横になると思い出されるのは、いとこのコウといっしょにしたことだった。そのことを思い出していると、ぼくは自然と勃起していた。そしてひとりエッチを始めるのだが、コウとしたことにくらべると、それほど気持よくないのだった。それでもし始めると、最後までイッてしまうのだが、あまり快感がないので、またすぐにもう一度やり始めることが多かった。毎日シコりながら、ぼくは欲求不満を感じていたのだった。早く祖父母のところに行って、コウに会いたいと思ったのだが、学校を休んでまで行くわけにもいかなかった。けっきょく、冬休みまでぼくは欲求不満のまま、ひとりでシコり続けたのだった。
そして、二学期の終業式が終わると、ぼくはすぐに列車とバスを乗り継いで、祖父母の家に出かけた。夕方になるころバスを降りてすぐ近くの桟橋に行くと、コウが船で迎えに来てくれていた。
紀:迎えに来てくれてありがとう・・・
コウ:近いからたいしたことじゃない・・・
紀:今日は制服なんだ・・・
コウ:今日は学校から家に帰らないでここに来たから・・・
紀:コウも終業式だったんでしょう?
コウ:そうじゃ、明日からは冬やすみじゃ・・・
紀:なんかけっこう寒いね。
コウ:真っ暗になる前に帰ろう。
船はまっすぐに祖父母の家を目指して進んだ。冬の夕方の海風は肌を刺すような冷たさだった。
コウ:ノリ、それじゃ寒いだろう、これ貸してやるから着ろ。
紀:どうせすぐ着くからいいよ。
コウ:そうか、でも風邪ひくなよ。
体の芯まで冷たくなったころ、船は祖父母の家の近くの桟橋に着いた。桟橋から祖父母の家までの道も冷たい風が吹き始めていた。
祖父母の家に着くと、暖かいコタツに入ってからだを温めた。
祖母:ノリちゃん、よう来たの、船の上は寒かったじゃろう・・・
紀:またお世話になります。
祖父:そんなあいさつはいらん、ここはお前の家みたいなもんじゃ。
祖母:風呂が沸いたから、コウ、ノリちゃんといっしょに入って、からだを温めてきたらいい。
コウ:そうだね、じゃあ、ノリ、風呂に入ろう。
ぼくはコウと風呂に入るというだけで、勃起し始めていた。
コウ:ノリは元気だな。
紀:コウはどうなんだよ。
コウ:オレも勃ってきた。
ふたりは風呂の中に向い合って入った。ぼくの目線の下には、勃起した二本のチ○コがお湯の中でゆらゆら揺れていた。
コウ:ノリはずっとひとりでシコッてた?
紀:うん、毎日、コウとした時のことを思い出しながら・・・
コウ:俺もだ・・・
紀:でも、ひとりでするとぜんぜん良くないんだよね、コウとした時は気を失いそうなくらい良かったのにね。
コウ:そうか、俺も同じだ・・・
紀:コウ、やろうよ。
コウ:よし、やろう。
ぼくたちはお互いのチ○コを握って、手を激しく動かし始めた。コウの手の動きがあまりにもエロいのでぼくはすぐにイキそうになっていた。
紀:マズイよ、もうイキそうになってきた。
コウ:ノリは感じすぎだな・・・
紀:ちょっと手を止めてて・・・
コウ:じゃあちょっと休んで、からだを洗おう。
ぼくたちは湯船から出て、洗い場に座って、からだを洗った。それでもふたりとも勃起はすこしもおさまらなかった。
コウ:お湯の中で出すとマズイし、そろそろ出ないと、誰かが来るといけないから、あとで布団でやりなおそう。
紀:わかった、そうしよう。
からだを洗って、もう一度お湯に入ってからだを温めてから、ぼくたちは風呂から出た。
その後、家のみんながそろってにぎやかな夕食となった。夕食が終わると、コウとぼくは母屋を出て離れに行った。そこにはもうすでに布団が二枚並べて敷かれていた。
ぼくたちはすぐにパジャマに着替えて、ひとつの布団に二人で入った。
コウ:ノリが早く来ないかと、ずっと待ってた。
紀:ぼくも早くコウに会いたかった。
コウ:また、ビンビンになってきた。
紀:ぼくもだよ・・・
ぼくたちは穿いたばかりのパジャマのズボンとパンツを脱いだ。コウの勃起したモノが勢い良く飛び出してきた。
コウ:ノリ、早くシコってくれよ。
紀:ぼくのも・・・
ぼくたちは布団の上に向い合って横になり、手で相手のモノを握ってシコりあった。コウの手の微妙な動きがぼくの快感を最大限に高めていた。ぼくたちは狂ったように相手のチ○コをシコりあった。
紀:ああ、いい、すげえ気持ちいい、うわっ、出そう、あっあっ、出る出る出る・・・
コウ:俺もだ、おお、すげえ、イキそう、イク、イクイク・・・
ぼくたちはほとんど同時に激しく射精を始めた。大量の粘液が発射されてお互いの下腹部をベトベトに汚していった。ふたりとも驚くほど何度も何度も大量の精液を発射していた。長い射精が終わると、すぐにコウが用意してあったタオルでふたりの汚れたところをていねいに拭ってくれた。
紀:コウ、すげえ良かった・・・
コウ:俺もだよ・・・
紀:久しぶりだから、もう一回する?
コウ:これからしばらくはいつでもできるから、今夜はこのくらいにして、また明日楽しもう・・・
紀:コウがそれでいいなら、いいよ。
コウ:ほら、パンツ穿かせてやるから少し腰を浮かせて・・・
紀:コウ、ありがとう・・・
コウ:寒いから一緒に寝るか?
紀:うん、コウと一緒がいい・・・
コウ:暖かいな・・・
紀:うん、コウはすげえ暖かい・・・
コウ:今日は遠くから来て疲れただろう・・・
紀:うん、ちょっとね・・・
コウ:もう寝よう・・・
紀:おやすみ、コウ・・・
コウ:おやすみ・・・
ぼくたちは心地良い疲労を感じながら、そのまま眠ってしまった。
翌朝、ぼくは気持ちよさを感じて目を覚ました。コウがぼくのモノをくわえて刺激していた。ぼくはあまりの気持ちよさにそのまま寝たふりをしていた。コウの口での刺激はどんどん激しくなり、ぼくはあまりの快感にからだが震えていた。しばらくぼくはガマンをしていたが、あまりの激しい快感にとうとう我慢できなくなって、コウの口の中に勢い良く射精を始めていた。
その時、ぼくはハッと目を覚ました。ぼくのチ○コの先からは激しく何かが出続けていた。チ○コがあまりにも気持ちいいので、ぼくは夢精の最中に目が覚めたのだと思った。ぼくはそのまま夢精し続けた。と思っていたら、いつまでたっても夢精は止まらずに出続けていた。なんかおかしいと思って、手で腰のあたりを探ってみると、パジャマのズボンの腰のあたりがグショグショに濡れていた。まさかと思って、チ○コの先から出続けているものを止めると、すぐに止まった。射精ならば途中で止めることはまずできない。止められたということは、出ていたのは精液ではなくてションベンということだ。腰の下を探ってみると、布団も広い範囲がグショグショに濡れていた。夢精と思って、ぼくは見事に寝ションベンをしてしまったようだった。上半身を起こして、寝ションベンの濡れ具合を見ると、大量に漏らしたので、コウの腰の下まで完全に濡らしてしまっていた。
その時、コウがからだを動かした。ぼくはすぐに寝たふりをした。
コウ:ぎゃっ、布団が濡れてる、まさか・・・
そう言うとコウは上半身を起こして、濡れた布団を確かめていた。
コウ:あれっ、腰の下だけ濡れてて、チ○コのあたりは濡れてない・・・ ということは・・・
ぼくの腰のあたりにコウの手が伸びてきて、濡れ具合を確かめていた。
コウ:やっぱ、ノリがやったんだ・・・ こんなに寝ションベンでグショグショにしてるのに、気づかずに寝てるなんて、ノリはかわいいなあ・・・
その時、ぼくはハッとして目が覚めた振りをした。ぼくのほうを見ていたコウと目が合った。
紀:うわあ、布団が濡れてるよ、やっちゃったみたい・・・
コウ:それにしても大量に漏らしたみたいだね、俺の腰の下までズブズブに濡れている・・・
紀:またやっちゃったよ・・・
コウ:寝ションベンしたくらいで、気にするな・・・
紀:それにしてもグショグショだ、冷たくなってきた・・・
コウ:濡れたもの、脱げよ。
紀:うん、脱ぐ。うわっ、コウの後ろ側まで濡らしちゃってる・・・
コウ:俺も脱がなきゃいけないな・・・
ぼくたちは下半身裸のまま、もう一枚の布団に一緒に入った。
コウ:ノリ、元気だな・・・
紀:朝立ちだよ・・・
コウ:俺も同じ・・・
紀:チ○コ、触ってくれる?
コウ:ノリも触って・・・
ぼくたちはまた布団の中で朝立ちのものをこすり合って相互オナニーを始めたのだった・・・


以前に掲載させてもらった「夏の思い出」続編を書いてみました。こんどは冬の出来事です。お読みいただいて、感想とかありましたら、コメントを書きこんでください、お待ちしてます。nori

テーマ:GAY - ジャンル:アダルト

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.